教育・保育理念

  子どもたちの最善の利益を第一に考え、一人ひとりの発達を踏まえ、いきるちから、育とうとする力を伸ばすために より良い環境を整備し、様々な体験、経験ができる教育・保育を提供する。

 

園の目標

1.明るく元気な子

2.思いやりのある子

3.自分で考える子

4.最後までがんばる子 

 

教育・保育方針

(1)一人一人を大切にし、健康、安全で情緒の安定した生活、安心感と信頼感を持って活動できるよう

  環境を整える。

(2)一人一人の発達をとらえ個人差に留意しながら、年齢に応じた教育・保育を提供する。

(3)大人や友達との関わりの中で、社会性を学び やさしさ、思いやりの心を大切にする。

(4)子どもたちが、主体的・自主的に活動できる環境を整え、乳幼児期にふさわしい体験、経験ができる

  よう教育・保育を考える。

(5)けじめを大切に、やってみたい、知りたいという気持ちを引き出し、出来た、分かった楽しかったを増やしていく。

  以上の方針に基づいて、

  子どもたちや保護者の方が心地よく、生き生きと、楽しい、幸せと感じられるよう愛情を持って関わります。

追加情報